Espressivo!!

Ommis habet sua dona dies.

--.--.-- / スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) / スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

2005.08.15 / 旅行第3日目 御所掛温泉とふけの湯温泉・小岩井農場

またも朝から雨模様の空
でも、今まで見学地ではほとんど雨に降られずに来たので、もう十分ラッキーなんですけどね

今日は出発が遅め…ということで、朝風呂へGo
温泉はやっぱりいいですね

朝食のバイキングを済ませ、集合、そして出発


まずは御所掛温泉へ行きました
御所掛温泉は、お風呂の方の「温泉」ではなく、湧いているところを見る見学地です
イメージとしては、箱根の大涌谷のような感じです
そこらじゅうに硫黄の匂いがたちこめ、湯けむりが立ち、そこらじゅうからポコポコ温泉が湧いていました
熱そ~~~
NEC_0181.jpg


硫黄の匂いって、よく「腐ったゆで卵」とか言われるけれど、私は結構硫黄の匂い好きです
入浴欲(なんだそれ)が湧いてきます(笑)

雨は降っていたけれど、なかなか楽しく散策できました


次にふけの湯温泉
こっちはお風呂の方ね(笑)
宿の温泉にはいつも入りまくりますが、こうやって昼間に立ち寄って入るのは初めてでした
御所掛温泉の、湯けむりのあがる岩山を目の前に、露天風呂につかる…なんて、最高ですよね
ホント、最高でした
体の芯からあったまりました

そのふけの湯温泉の宿で、お昼を
こだわりの食材が多いようで、本当においしかったです
中でも蕗の甘煮は格別でした…ということで、テイクアウト
早く我が家で味わいたいな


そして最後に小岩井農場へ
なぜか青空になり、さんさんと太陽の光が降り注いでいたのにはびっくりしました
ここでとうとう晴れたかっていう…

野原をバカみたいに走り回ったり、シープ&ドッグショー見たり、チーズケーキ試食したり、濃厚なミルクソフト食べたり、有意義かつ楽しい時間でした
NEC_0183.jpg



小岩井農場をあとに、盛岡駅に向け、バス出発
ガイドさんとドライバーさんが、南部鉄器の風鈴を3つ、用意してくれていました
じゃんけんで勝った3人にプレゼントしてくれるということで挑戦しましたが、惜しくも敗退
しかし、うちの母が見事勝ち進み、ゲットしました

ガイドさん・ドライバーさん、どうもありがとうございました
ガイドさんの底抜けの明るさで、楽しい3日間を過ごせました


盛岡駅で4人でひっつみのお店に入り、おいしいひっつみを頂きました
ひっつみ、かなりお気に入りです
東京じゃ売ってないのかなぁ…

まだ時間が余っていたので、駅ビルのタリーズでお茶したりして…まったり


帰りの新幹線では、みんなぐっすりの中、なぜか私は眠れずにいました


3日間、自然を存分に感じられる、健康的なツアーでした
1人で運営してくださっていた添乗員さんと、懲りずに母と私を旅行に連れて行ってくれた祖父と祖母に、感謝です
スポンサーサイト
(23:47) / / TB(0) / CM(0) /

2005.08.14 / 旅行第2日目 世界遺産白神山地

昨日のフットエステのおかげで、昨日の疲れもすっきりとれ…一番楽しみにしていた白神山地へ
しかし、朝から空は雨模様
晴れることを切に祈りつつ、朝ご飯はバイキング
やっぱりこのホテルはご飯がおいしいです
朝食を済ませ、部屋に戻ると…なんと晴れ間がのぞきはじめていました

なんとか、辛うじて雨が降らずに済んでる空の下、出発

白神山地に到着し、まずはお昼ご飯
本格的な釜飯のお弁当でした

そして、とっても素敵なオジサマ(笑)、ガイドさんのYさんに連れられ、出発
空も段々明るくなってきました
まず、谷を川に沿って歩き、第三暗門の滝へ
NEC_0177.jpg

足場の悪い岩場を歩いたり、川の上に渡った細く小さな橋の上を歩いたり…
こういうの、大好きなんです
谷なので、周りは岩肌。景色に厳しさがあって、私好みでした

そして、今度は白神山地のブナ林に入っていきました
ブナ林は予想以上に急な坂道で、道なき道を歩いていきます
ブナって、すごく真っ直ぐで、高く伸びていくんですよね
 そういう人って最近あんまり見ないケド、理想
上を向くと、ブナの葉たちが誰にも負けまいと太陽に向かって伸びていて…美しかったです

途中、Yさんが「特別に…」と綺麗で美味しい湧き水の出るところへ連れて行ってくれました
冷たくて、自然の恵みを感じるのどごしでした

散策を終え、カメラマンでもあるというYさんの撮った写真をポストカードにしたものを購入
Yさんは、なぜか私に、自分の撮った写真を背景にしてある名刺をくださいました
綺麗なポストカードと思い出の名刺、大切にします

今日歩いた道は、昨日の奥入瀬よりも全然険しかったけれど、手付かずの自然を全身で感じ、心身ともに内側から洗われるような気分でした
あまり疲れを感じなかったのは、きっとそのおかげでしょう


今日のホテルは湯瀬ホテル
昨日に引き続き、一軒宿ということで高級感がありました
食事もおいしかったし
何より露天風呂から見える川の流れが素敵でした

お風呂あがりに母とフィーバーしたホッケーは、私の圧勝
ホッケーで私に勝てるハズがないのですよ(笑)

さ、明日は最終日
精一杯楽しんじゃいます
(23:08) / / TB(1) / CM(2) /

2005.08.13 / 旅行第1日目 奥入瀬渓流散策

さて、今日から待ちに待ったバス旅行です
メンバーは、祖父・祖母・母・私の4人
このメンバーでのバス旅行はもう3度目になります
でも、今回のバス旅行は今までとはちょっと違い…八戸までは新幹線、そこから先がバスというプランです

朝早起きをして、東京駅まで電車に揺られる
脳がやっとの思いで起きても、ご飯を食べていないので体が起きず…
ボーーっと窓の外を眺めながら、朝からブラームス聴いてました

東京駅で同行の添乗員さん・ツアーを3日間共にする他のお客様と合流し、八戸行きの新幹線に乗り込みました
初グリーン車でした
途中まではブラームスとかラヴェルとか聴いてたんですが…ご飯も食べたことだし、いつの間にか爆
気付いたら二戸に着いてました

八戸に到着し、バスに乗り込み…
バスは奥入瀬渓流へ

奥入瀬渓流は、流れがすごく急で、洗濯機みたいにバシャバシャと荒れてました
自然を間近に感じられて、心が綺麗になるようでした
この写真は、「奥入瀬のナイアガラ」と呼ばれる銚子大滝です
NEC_0172.jpg


すごい迫力でしたよ、マイナスイオン~~~

ギリギリ、バスに乗る直前に大雨が降り出したりもしたんですが、歩いている最中は降られなくてよかった

今日の宿は、奥入瀬渓流グランドホテル
彫刻家岡本太郎さんの作品をふんだんに使った館内
高級感あふれる演出に、居心地のよさを感じました

夕食のバイキングも、和・洋・中と揃ったうえ、郷土料理「そばひっつみ鍋」や秋田名物の稲庭うどんもあって、とってもおいしかったです
「ひっつみ」とは、小麦粉を練って平らにしたもので…そのそば粉バージョンがそばひっつみなのでは、と、祖母の解説
そばひっつみ鍋、私好みでした
NEC_0174.jpg


ちなみに、その他の私のお気に入りは…蓮根の団子とか、なめこのおろし和えとか…渋いね

温泉も、全面ガラス張りの広~い岩風呂と、露天風呂付き大浴場があって
2つとも入っちゃいました
お風呂、大好きなので
温泉に入っていると、心が落ち着きますよねぇ

そしてそして、今日はフットエステを初体験しました
膝から下をマッサージしてもらう30分コースを母と共に
2人とも、足だけマッサージしてもらっているのにも関わらず、「肩こりですよね…」と言われる
今日、奥入瀬渓流を歩いた疲れも、すべて消えてなくなっていくようでした
うーん、幸せでした

さ、明日は世界遺産白神山地です
(23:09) / / TB(0) / CM(2) /

2005.07.29 / 見習えないふぁごっと吹き

オキザリス
da040601.jpg

…素敵な花を咲かせてくれますように


さ、今日は新宿の練習でした
「見習いふぁごっと」の私。
でも、結構私、隣に見習うファゴット吹きさんがいないことが多いです。
初めてオケの中でファゴットを吹いたとき、それはファゴットの人が休みだった練習のときでした。
…これじゃぁ「見習えないふぁごっと吹き」ではないですか

もっとおべんきょしたいです。。。汗


今日のさくらでは、エイヒレ談義に花が咲きました
私、エイヒレ大好きなんです
いつもまずはじめに頼んでいたら、最近入団したビックリするくらい美しいヴァイオリンのお姉様が、私のあとを追うようにエイヒレ好きになってしまったんです
いまや「私たちのエイヒレが来ないわ~」みたいな(笑)
T先生に「日本エイヒレ協会作れ」とか言われちゃいました
いやいや、あれはおいしすぎです
あと、ゲソ唐も好きです


昨日、アイス烏龍茶に茶柱クンが立ったと思ったら…
いわさんにプレゼントしようと思ってたのに母が欲しがって開封したリラックマが金色でした(爆)

母「普通ののがかわいー」

この一言に脱力、やっぱりいわさんにプレゼントです

他にもいいことあるかなー
(23:11) / / TB(0) / CM(0) /

2005.07.01 / 6日目

今日は、札幌の超街中に建つ高級ホテルを出発し、北海道開拓の村で開拓の歴史を学び、ジンギスカンを食べて北海道を後にしました
@DSC01333.jpg

ちょっと寂しいですが、北海道の自然には本当に感動したし、心が洗われる思いだったので、ぜひまた、一人旅でもなんでも来たいものだと思います
私、今まで九州がすごく好きだったんですどうやら私は、日本の両端が好きらしいです(笑)

羽田に戻ってきてすぐ、祖父宅に戻り、急いで着替え、新宿の練習へ
すごいスピードで現実に戻されたうえ、なんてパワフルな
自分でもビックリですが、それだけ音楽が好きなんだなぁ、と、おそろしく前向きな考えに納得
音楽って、偉大です。
(23:25) / / TB(0) / CM(0) /
HOME / NEXT >

copyright © 2005 Espressivo!! all rights reserved.
/ / salmk01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。